女性らしさの象徴とも言える、大きく丸く膨らんだバストに憧れる方は多いですよね。

バストアップをしたいと思った時に思い浮かぶ物と言えば、豊胸手術、マッサージ、バストアップサプリ、大豆イソフラボンやざくろのような、女性ホルモンと似た作用を持つ成分の摂取あたりでしょうか。
しかし、最近はボルフィリンの入ったバストアップクリームの使用が安全に育乳出来る手法として人気を集めています。
他の方法が何故おすすめできないのか、ボルフィリンは何故オススメなのか、これから詳しく見ていきましょう。

豊胸方法の種類別解説

豊胸手術の危険性

短期間で確実にバストアップを行う方法としては、豊胸手術が最も効果的ですが、痛みや手術痕、費用、後遺症の発生は気になるところですよね。
有名な後遺症だけでも、体内に挿入したシリコンバッグの表面が石灰化してしまい、バッグの劣化から破損してしまうもの、バッグの周囲にできたコラーゲン繊維が固まってしまい、バッグが固く変形してしまうカプセル拘縮、シリコンバッグの挿入がきちんと行われていなかったために、バストに凹凸やシワができてしまうリップリングなどがあります。
高い費用を掛けて、痛みにも耐えた結果、後遺症が出る用では困りますよね。

マッサージの弊害

後遺症の心配のないバストアップマッサージは良さそうに思えますけど、確実にバストアップができるものではありませんし、効果が出るまでには大変な期間が必要になります。
マッサージでバストアップが出来る理由は、バストに刺激を与える事で、女性ホルモンの分泌量を増やし、代謝や血流を良くすることで、バストに必要な栄養を届けやすくなるからです。
女性ホルモンの分泌量が増えるという事は、体全体に脂肪や水分が蓄えられやすくなるということですよね。

成分を補うデメリット

サプリや食品によるバストアップは、ホルモンバランスが乱れてしまう心配がありますし、女性ホルモンには体脂肪を増やすという性質がある以上、バスト以外にも脂肪が付いてしまう事は避けられません。

そうなるとバストだけサイズアップするのは無理なのかと思ってしまいますよね。
でも、確実にバストサイズが上がりながら、後遺症や副作用の心配のないバストアップクリームも存在するんですよ。

ボルフィリンが優れている理由

まだそれ程有名な成分ではありませんが、確実にバストアップが出来るとして注目を集めている成分です。
ボルフィリンとはハナスゲというユリ科の植物の根に含まれる、サルササポゲニンと呼ばれる成分の中から発見された、脂肪を増やす性質を持つ成分です。
塗る事で皮膚から吸収されたボルフィリンは、脂肪細胞を活性化させ、脂肪細胞を分化させて数を増やしたり、細胞を太らせてボリュームを持たせる作用があります。
そのため、ボルフィリン配合のバストアップクリームを使えば、バストだけを大きく育てる事が出来るんです。

塗った時の手をそのままにしておくと、手のひらにまで脂肪が付いてしまうというのですから、非常に効果が高いという事が分かりますよね。

もちろんバストアップ以外にも使えますよ。
お尻に塗ればヒップアップもできますし、ピンポイントで使用できるので、形を整えたいというときにも、ボルフィリン入りのバストアップクリームは役立ちますね。
脂肪細胞そのものを増やすので、使用を中止しても縮んでしまうという事もありません。

バストアップはしたいけど、むくんだり太ってしまうのは嫌、そんな時にはボルフィリンを使ったバストアップクリームを使ってみては如何でしょうか。
当サイトのトップページにはボルフィリンを使ったおすすめのクリームも紹介していますので是非ご覧ください。